5月17日、J-WAVE主催のTHE HANGOUT 大学生限定イベントに弊社社長のシモダが出席しました。
MCは川田十夢さん、ゲストにザリガニワークスのお二人とシモダを迎えての講演です。

 

inai_001

 

私(恐山)はそのイベントに同伴しておらず、当日はバーミヤンで中華スープを無限に飲んでいました。

 

 

sa

 

後日、オフィスで小雪(女優)の似顔絵を描く私。今日の業務はこれだけです。

 

 

inai_017

 

全然似ないなあ……。どうしたらいいんだ……。社長に合わせる顔がない。

 

 

試行錯誤していると、後ろから誰かが声をかけてきました。

 

inai_003

イベントのレポお願い。新人クン?

 

このプライバシー保護された男性(※)は同僚のARuFa。

いつもシモダの講演へ行かずにレポ記事を書いてきた男です。

 

(※)銭湯にて生殖器を確認したため、確かと思われる。

 

 

ARuFaが書いた過去の「いない人レポ」

【いない人レポ】株式会社シンクスマイルの全体会議に弊社社長のシモダが登壇しました
【いない人レポ】弊社代表のシモダが京都精華大学で授業をしました
【いない人レポ】シモダがJAAA第72回クリエイティブ研究会に登壇しました

 

なんと、彼は私にイベントレポート記事の作成を押し付けてきたのです。
バーグにおける私の業務は、小雪の似顔絵を世界中にスパムメールとして送信すること。こんな虚業じみた仕事は受けたくありません。

 

しかし「それはちょっと……」と何度断っても「お願い♡」の一点張り。

 

もともとバーグハンバーグバーグの「いない人レポ」は、新人が必ず通過する伝統の登竜門。ここ最近始めたのでARuFaしか通過したことのない伝統の登竜門です。

彼の調子に乗った口調から、理不尽な業務をやっと格下にパスできるという安堵が伝わってきます。

入社したばかりの私に断る権利はありませんでした。わかりました、やりますよ。やればいいんでしょ。

 

 

inai_004

ほいじゃ、がんばっつぇね~~~???????

 

 

ここぞとばかりに丸投げするARuFa。

 

inai_005

アッチョンブリケ。

 

 

腹を殴りたい。

 

 

 

仕方なく渡されたメモリーカードを開くことに。

 

2016-05-26_15h35_17

講演の写真が僅か36枚。「無理」だと悟りました。
声は音波なんだぞ。写真には残らないんだぞ。こんなので何があったか分かるわけがない。

 

 

inai_008

 

 

絶望しながら写真を眺めていくと……

 

ん?

 

 

2016-05-27_15h28_18

なんかニヤニヤしてるな。

 

 

2016-05-27_17h00_22

ニヤニヤしてる。

 

講演中にもかかわらず、シモダは明らかに客席の方を見てニヤニヤしています。
ザリガニワークスの武笠さんが隣で心配そうに見ているのに、なにやら気が散っているような……

 

 

2016-05-27_15h43_00

と、思ったら、今度は坂本さんが客席を見て唖然とした表情をしています。

 

 

2016-05-27_17h01_28

何があったか知りませんけど、よそ見ばっかりしていると隣の武笠さんに怒られますよ!

 

 

inai_009

しかし、武笠さんが恍惚とし始めました。

 

 

2016-05-27_17h05_07

「あっち」に行ってしまっています。しかも左手は股間へ……
どうしてしまったんだ、武笠さん!

 

いや、

 

 

inai_011

どうしてしまったんだ、みんな!

 

 

みんなふざけた仕事を生業にしているとはいえ、彼らも立派な社会人です。
よっぽどの事が起きないかぎり、理性を失うとは考えられません。

彼らから理性を奪ってしまった”何か”がこの会場にいるのでは……?

 

そう思って写真を改めて見なおしてしてみることにしました。
手がかりはどこだ…?

 

 

 

inai_020

どこだ…?

 

 

 

 

inai_022

どこだ…?

 

 

inai_023

 

 

inai_024

どこなんだ…?(この人は関係なかったです)

 

 

 

inai_gif2

目突きと金的を交互にレクチャーしているシモダ。
いったい何が彼をここまで追い詰めてしまったのでしょうか?

 

 

そこで、ふと気が付きました。

 

 

 

inai_010

 

シモダの視線の先には、観客席の最前列にいる大学生の女性の後頭部があったのです。

 

どうやら、3人が「ゾーン」に突入してしまった原因はこの人にあるようです。
シモダがニヤけていた方向も、坂本さんが絶句していた方向も彼女がいる側だったように見えます。
ものすごい美人で見とれてしまったとか…?

 

 

2016-05-27_15h28_18

いや、立派な大人の男性である彼らが、そんなことで平静を失うとは思えません。もっととんでもないものを見てしまったのです。

 

だいぶ原因がわかってきました。
仮説を立てて検証していきましょう。

 

 

 

仮説①

 

inai_012

顔が「穴」

 

顔が穴で、しかも穴の向こう側が虚空だった場合、トークに集中するのは難しいと思われます。
ザリガニワークスの坂本さんが唖然としていたのもわかりますね。しかしこの場合、シモダがニヤついていたのと武笠さんが恍惚としていた理由がよくわかりません。

 

 

 

仮説②

 

inai_013

顔が「穴」で、向こうからかわいいのが見てる

 

これだと坂本さんが唖然としてた理由も、シモダがニヤついていた理由も分かります。
ですが、武笠さんが恍惚としていた理由がわかりません。

 

 

 

仮説③

 

inai_014

顔が「穴」で、向こうからかわいくてセクシーなのが見てる

 

これなら全員のリアクションの説明がつきます。
たとえスティーブ・ジョブズでも、こんなのが耳を傾けていたらまともには喋れないはずです。

 

 

 

 

inai_015

そりゃ顔も背ける。

 

 

 

inai_016

そんなこんなで終了したイベント。最前列に「顔が「穴」で、向こうからかわいくてセクシーなのが見てる大学生」がいたせいで集中がかき乱され、構成がメチャクチャになってしまいました。暴動が起きなかっただけよかったですね。

 

 

 

 

以上、恐山による「いない人レポ」でした。
J-Waveさん、川田十夢さん、ザリガニワークスさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

仮説④

 

inai_019

小雪

 

これはすぐに違うと気づきました。小雪は大学生じゃないからです。
でも、最初に描いた似顔絵より似たので載せました。