株式会社バーグハンバーグバーグのギャラクシーです。

 

先日、弊社社長のシモダ、ザブングルの松尾さん、僕というメンツで飲みに行きました。一軒目の時点でシモダはかなり酔っていたんですが、2軒目行こうよ~! と言い出したので、次のお店までタクシーで移動することになったのです。

 

 

 

 

 

その車中、しばらく無言だったシモダが突然こんなことを呟きました。

 

 

 

「やっちゃったわ・・・」

 

? 一体どうしたというのでしょう。会社に忘れ物でもしたのでしょうか。それとも取り引き先と会食の約束でもあったのでしょうか。

 

 

「うんこ漏れた」

 

僕も松尾さんも何を言ってるのか理解できませんでした。会社の社長が、いや34歳の大人が、タクシーの車内でうんこを漏らすわけがないからです。もう!冗談ばっかり言ってお茶目な社長だなあ!

 

 

「マジで」

 

 

 

うわああああ!

 

 

「何やってんすか!」

 

 

「テメー肛門の管理どうなってんだコノヤロー!」

 

 

「ちょっと、困りますよ!!」

 

 

「オナラしようと思ったらうんこでた」

 

この男の34年間は一体何だったのでしょう。人はなぜ生きるのでしょう。

 

しかしシモダも数々のプロジェクトやプロモーションを成功させて来た敏腕社長。その知能は人並み外れて高いのです。

 

シモダの作戦

 

 

結果

 

 

パッと見ゲイのカップルに見えますが、この世のどんなゲイカップルよりも邪悪な存在なので、勘違いした人はゲイカップルのみなさんに謝ってください。

 

 

 

「大丈夫だから。重力と戦ってるおかげでシートにはついてないから」

 

 

「重力と戦っとる場合じゃねーぞ。おまえ仮にも社長・・・」

 

 

もそもそ

 

 

・・・・・・

 

 

・・・・・・

 

 

ヌスッ

 

 

「おィィィィィィィィ~~~!!!!!」

 

 

人智を超えた笑みを浮かべるシモダ

 

 

「何すんだコノヤロー! 膝にうんこを塗るな!」

 

 

もそもそ

 

 

・・・・・・

 

 

ヌリヌリ

 

 

「コラァァァァァ~~~!!!!!」

 

地獄です。地の底まで行かずとも、ここに地獄はあったのです(しかも渋谷方面に移動しているのです)

 

このあと、目的地に着くまで松尾さんは延々ヒザにうんこを塗られ続けていました。松尾さんとタクシーの運転手さん、ほんとうに申し訳ありませんでした。なお、シモダが重力と戦ってくれたおかげで、シートには一滴もうんこはついていませんでした。

 

というわけで、うんこ漏らし社長が経営するバーグハンバーグバーグですが、業務の方はうんこを漏らさない社員たちが頑張っておりますので、これからもよろしくお願い致します。